薬剤師のメリットとデメリットとは?

薬剤師のメリットですが、まずは薬剤師のメリットとして、比較的給与が高く、また安定性の高い国家資格であるということが大きなメリットであるといえるでしょう。今は不況の時代ですので、正社員としての仕事を見つけるのはとても大変な時代であるともいえますが、薬剤師の資格があれば、比較的仕事も見つけやすく、また仕事を選ぶこともある程度可能となっています。また安定性が高く、女性の方も長く働き続けることができる仕事であるといえるでしょう。
しかし、デメリットもあります。まず薬剤師のデメリットとして、同じ作業の繰り返し、単調な作業が多いため、やりがいを感じにくい、というデメリットがあります。たとえば、薬剤師の主な仕事として、薬の袋詰め作業や、調薬の作業などがありますが、これらの仕事は単調な作業ですし、業務内容に飽きてしまうという方もいらっしゃるようです。
また、薬剤師はその業務内容から、やりがいなどを感じにくくなっているというのも実際のところです。処方するのは医師の仕事であり、患者さんは医師の言葉などは信じてくれますが、薬剤師の説明などは聞いていなかったり、またあまり期待していなかったりするものです。このため、しっかりと患者さんと向き合いたい、という薬剤師の方は、やりがいを感じられなかったり、薬剤師という仕事に誇りが持てなくなってしまうこともあるようです。
また、薬剤師の仕事は狭い職場であるため、人間関係も厳しいことも多いのがデメリットといえます。