薬局で働く薬剤師が抱える独特の問題

薬剤師という職業は、ある独特の部分があるので知っておくと良いかもしれません。
それは薬局などは顕著ですけど、非常に狭い部屋で同じ人間が常に一緒に仕事をしないといけないという点です。
これが一般的な企業で働く場合とやや異なる部分になると思います。
一般的な企業ではオフィス内は広いですし、非常に多くの人間が働いています。
それに仕事内容に応じて場所を移動することもあるかもしれません。
したがって、毎日の仕事の中で動きがありますし、その都度別々の人間とかかわって業務をこなしていくことになるのではないでしょうか?
しかし、薬剤師はそうはいかないことが多くて、特に薬局で仕事をする場合には薬局という店自体が小さいことが多いです。
そして、そこで勤務する人間は限られていますし、いつも仕事をする人間は一緒で、変化がありません。
狭い場所に同じ人たちとずっと一緒にいることはストレスになることも考えられます。
それを我慢できる人は問題ないですけど、全員が我慢できるわけではないので、いろいろな問題に発展することもあるのです。
そういう環境で働いたことがないという人は、一緒に仕事をする人たちとの相性によっては、本当にトラブルになることもあるかもしれません。
相性が合えば特に問題は起きないと思いますが、どういう人間と仕事をしていくことになるのか?は運の部分もありますから、合わない人間と狭い職場でずっと顔を合わせて働くことになってしまうと、何かしらの問題になることもあるので、薬剤師として薬局で働く前に知っておくと良いでしょう。