薬剤師のデメリットについて

人の命の手助けになれる職業は多く存在しています。
その中にはあらゆる薬を調合して苦しんでいる患者さんを助けられる薬剤師もあります。
高度な知識や経験が必要とされる薬剤師は患者さんから感謝もされる素晴らしい職業の一つともなっていますが、デメリットな面も多く含まれる職業なのです。
そんな薬剤師のデメリットについて掲載していきます。
まず大きな責任が付いてくる点です。
薬剤師はあらゆる薬品を扱う事が出来る職業となっています。
薬品の中には適量であれば良薬となる物でも過剰摂取を行うと健康被害の恐れがある物もあります。
それは最悪患者さんの死に繋がる可能性も否定出来ない事となってきます。
いくら専門的知識をしっかり学んでいても、人間なのですからミスを犯す事もあります。
例え小さなミスであっても大事に発展してしまう事もある職業と言えます。
次に大学病院勤務では給料が安い点です。
ドラッグストアや薬局で勤務している薬剤師の初任給は25万程となっていますが、大学病院勤務だと20万程と同じ国家資格保有者であっても給料が大きく異なります。
ですが、給料の高さからなかなか退職する人もいない為、中途採用の数も少ないのです。
大学病院勤務だけどもっと給料が欲しいと思っていてもドラッグストア等の求人が少ない為、薬剤師としては安い給料で働かなければならないのです。
薬剤師は人の為になれる素晴らしい職業となっていますが、デメリットも存在しているのです。

非正規の薬剤師として働くと転勤がまずない

パートなどの非正規雇用で働く薬剤師も人気となっており、本当にライフスタイルに応じた働き方が薬剤師でもできるようになってきました。
パートなどの非正規だとデメリットもありますけど、代わりに大きなメリットもあります。
それが転勤がまずありえないということです。
転勤という部分は働く人にとって、基本的に避けたいことだと思います。
勤務先が変わると、働く環境ががらりと変わりますし、できれば転勤はしたくないと考えている人は多いと思います。
特に結婚している家庭では、転勤が与える影響は大きいですから、益々勘弁してほしいと思うでしょう。
薬剤師の場合には正社員として働くと転勤の可能性がありますが、パートなどの非正規だとまずありえないと思われます。
したがって、パートでも構わないならば、転勤がまずないであろう非正規の薬剤師として働くことは大きなメリットになります。
薬剤師の場合には、給与面では恵まれていることが多く、パートなどの非正規であっても、生活に困るということはあまり考えられません。
したがって、一般的な非正規の雇用とは状況が違う面もあります。
だからこそ、薬剤師は非正規で働くことに関して、不安は少ないかと思います。
家族を持っていたりするとまた別かもしれませんけど、そうじゃないならば非正規の薬剤師はメリットは大きいと思います。
特に転勤をしたくない人にとって、転勤をする必要がないであろうという点は魅力的に思えるのではないでしょうか?

ブランクのある薬剤師が転職サイトを利用して希望通りの求人を見つけた

薬剤師に転職しようと思うとまずは求人を探さないといけません。そこで大きくハローワークと薬剤師転職サイトの利用が考えられます。ここでは薬剤師転職サイトについて解説します。
・薬剤師転職サイトのメリットとデメリット
やはり一番大きな利点を言うならば求人の情報が豊富である事でしょう。それから求人先探しが簡単である点です。転職サイトの中には特定の業界や職種に特化するものがあります。ですから薬剤師転職サイトを利用してみましょう。これにより薬剤師に特化した求人をたくさん見る事が出来ます。転職サイトではいろいろな検索機能がありますから、単に勤務地や給料だけで絞るのではなくて、駅が近くにあるとか、マイカーでの通勤が可能だとかより詳細に条件を絞る事ができます。
ハローワークなどの一般に公開していない好条件の非公開求人の情報もあり、経験のあるリクルーターが求職者の希望に沿うような求人探しをサポートしてくれます。
転職サイトのデメリットは転職サイトとはいえ、登録しただけでは転職先はみつかりません。情報が多いだけに希望する条件を絞り込まないと、目移りして転職が決まりにくいのです。とはいえ求人情報が少ない転職サイトに登録していては、いくら待っても希望に沿うような転職先がなかなか決まりません。このデメリットを解消するためには、大手の業界とか、職種に特化している転職サイトに複数登録して、希望条件を転職エージェントに伝えたうえで積極的にアプローチしていく事が大事です。薬剤師に転職希望の人はうまく薬剤師転職サイトを利用しましょう。
そこで、薬剤師の転職サイトを利用して、希望通りの求人を見つけた主婦の体験談をご紹介したいと思います。
この女性は20年ものブランクがあったにも関わらず、薬剤師の転職サイトを利用して、派遣として希望通りの条件の求人を見つけました。
かなり興味深いので、是非ご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓

ブランクのある薬剤師が復職しようとしたら…こうなった!

薬剤師のメリットとデメリットとは?

薬剤師のメリットですが、まずは薬剤師のメリットとして、比較的給与が高く、また安定性の高い国家資格であるということが大きなメリットであるといえるでしょう。今は不況の時代ですので、正社員としての仕事を見つけるのはとても大変な時代であるともいえますが、薬剤師の資格があれば、比較的仕事も見つけやすく、また仕事を選ぶこともある程度可能となっています。また安定性が高く、女性の方も長く働き続けることができる仕事であるといえるでしょう。
しかし、デメリットもあります。まず薬剤師のデメリットとして、同じ作業の繰り返し、単調な作業が多いため、やりがいを感じにくい、というデメリットがあります。たとえば、薬剤師の主な仕事として、薬の袋詰め作業や、調薬の作業などがありますが、これらの仕事は単調な作業ですし、業務内容に飽きてしまうという方もいらっしゃるようです。
また、薬剤師はその業務内容から、やりがいなどを感じにくくなっているというのも実際のところです。処方するのは医師の仕事であり、患者さんは医師の言葉などは信じてくれますが、薬剤師の説明などは聞いていなかったり、またあまり期待していなかったりするものです。このため、しっかりと患者さんと向き合いたい、という薬剤師の方は、やりがいを感じられなかったり、薬剤師という仕事に誇りが持てなくなってしまうこともあるようです。
また、薬剤師の仕事は狭い職場であるため、人間関係も厳しいことも多いのがデメリットといえます。

薬局で働く薬剤師が抱える独特の問題

薬剤師という職業は、ある独特の部分があるので知っておくと良いかもしれません。
それは薬局などは顕著ですけど、非常に狭い部屋で同じ人間が常に一緒に仕事をしないといけないという点です。
これが一般的な企業で働く場合とやや異なる部分になると思います。
一般的な企業ではオフィス内は広いですし、非常に多くの人間が働いています。
それに仕事内容に応じて場所を移動することもあるかもしれません。
したがって、毎日の仕事の中で動きがありますし、その都度別々の人間とかかわって業務をこなしていくことになるのではないでしょうか?
しかし、薬剤師はそうはいかないことが多くて、特に薬局で仕事をする場合には薬局という店自体が小さいことが多いです。
そして、そこで勤務する人間は限られていますし、いつも仕事をする人間は一緒で、変化がありません。
狭い場所に同じ人たちとずっと一緒にいることはストレスになることも考えられます。
それを我慢できる人は問題ないですけど、全員が我慢できるわけではないので、いろいろな問題に発展することもあるのです。
そういう環境で働いたことがないという人は、一緒に仕事をする人たちとの相性によっては、本当にトラブルになることもあるかもしれません。
相性が合えば特に問題は起きないと思いますが、どういう人間と仕事をしていくことになるのか?は運の部分もありますから、合わない人間と狭い職場でずっと顔を合わせて働くことになってしまうと、何かしらの問題になることもあるので、薬剤師として薬局で働く前に知っておくと良いでしょう。

薬剤師が派遣として働くと生じる問題点

薬剤師は派遣として働くことも可能ですが、そういったときには1つ問題点もあるので注意しておいてください。
それは薬剤師だけに限らないと思いますが、薬剤師にも当然当てはまることとして、勤務場所が変わりやすいということです。
そして、その勤務場所が変わりやすいことによって起きる問題として仕事内容が変わりやすくなるということも挙げられるのです。
これは働いている側からすると結構困ることで、せっかく覚えた仕事内容をまたリセットしないといけない状況になりますから、苦労があると思います。
薬剤師の派遣の場合には前職までで培ったことが全く生きないわけじゃないでしょうけど、生きる余地が少ないということが言えると思うのです。
そういった経験のリセットみたいなことがあるので、勤務場所が変わるたびにまた1から別の仕事を覚えないといけないといった問題がありますから、そこは知っておきましょう。
しかし、勤務場所が変わると仕事内容まで変わるというのは、絶対に起きるわけではありません。
そういう傾向があるというだけであって、絶対にそうなるとは言えないのです。
だから、薬剤師の派遣として長く勤務をしていて、何回も職場が変わっていれば、同じような仕事に遭遇するケースもそれだけ多くなるのではないでしょうか?
だから、そんなに気にするほどのことではないかもしれませんけど、そういった事情があるということは薬剤師の派遣として働くときには覚えておくと良いと思うのです。